What's New!

         次回茶話会は2017年6月25日(日)に開催します。
         詳細については右記のメール宛にお問い合わせください。


       <お知らせ>

              2012年3月に岡山でGID学会第14回研究大会が開催されました。
              これにあわせて、当会が全国のGID関連グループ等を紹介する冊子 
              「GID/トランス全国交流誌2012」を発行しました。 
              入手をご希望の方は右記のメール宛にお問い合わせください。

       <お願い>

              「岡山大学病院ジェンダークリニック受診者と家族の会」は当事者有志によって
              運営されている自助グループです。岡山大学病院とは直接の関係はありません。
              岡山大学病院へのお問い合わせはご遠慮ください。
              当会へのお問い合わせについては、右記のメール宛にお願いいたします。



    みなさん、こんばんは。

    7月からブログとメールの担当をさせていただいております野原ナオコです。

    これから当面の間、ブログとメールの業務を担当させていただきますので、よろしくお願いいたします。

    さて、10月より幹事メンバーが変更になりました。

    新幹事メンバーは、

    ・野原ナオコ

    の1名です。

    いままで同様、この幹事は、他の受診者の方とは違った、なにか
    特別な存在である、というわけではありません。

    受診者と家族の会への参加者の皆さんと特に変わることのない受診者です。

    ただ、たまたま、いくつかの出会いときっかけがあったために、
    いま、会のお世話をさせていただく役回りになっているということです。

    ですから、この幹事によってこの会が作られているというわけではなく、
    会への参加者全員の力でこの会が成り立っていると思います。

    というわけで、いままで同様、


    参加者全員で、

     「岡山大学病院ジェンダークリニックの受診者と家族の会」の活動を育てていきましょう!


    これまで幹事をしてくださった皆さん、いままで、ほんとうにお疲れ様でした!!
    スポンサーサイト
    2012.10.28 Sun l 会の紹介 l top
    みなさん、こんばんは。

    今回からブログとメールの担当になった阪本 右京です。

    これからは、吉田ゆうかさんと分担で、ブログとメールの業務を
    担当してゆきますので、よろしくお願いしますね♪


    さて、今年度より幹事メンバーが変更になりました。

    新幹事メンバーは、


    ・野原ナオコ

    ・吉田ゆうか

    ・H.S(イニシャルのみ)

    ・阪本右京


    の4名です。

    いままで同様、この4人の幹事は、他の受診者の方とは違った、なにか
    特別な存在である、というわけではありません。

    受診者と家族の会への参加者の皆さんと特に変わることのない受診者です。

    ただ、たまたま、いくつかの出会いときっかけがあったために、
    いま、会のお世話をさせていただく役回りになっているということですね。

    ですから、この4名の幹事によってこの会が作られているというわけではなく、
    会への参加者全員の力でこの会が成り立っているんです。

    というわけで、いままで同様、


    参加者全員で、

     「岡山大学病院ジェンダークリニックの受診者と家族の会」の活動を

                                    育てていきましょうね!



    今回、幹事を卒業することになった3名は、立ち上げ当初から会に参加して、
    精力的に活躍してくださっていた方々でした。

    いろいろとお世話になることも多かったと思いますが、新幹事の私たちも、
    負けないようにがんばりたいと思います。

    いままで、ほんとうにお疲れ様でした!!
    2012.05.05 Sat l 会の紹介 l top
    「岡山大学病院ジェンダークリニック受診者と家族の会」は
    その名称のとおり、
    岡山大学病院のジェンダークリニックを受診している
    受診者とその家族による会です。

    ジェンダークリニックの受診者は
    自らの性別に違和感を持っているために、
    その多くが、それぞれの人生の中で、
    自己肯定感をもつことが難しかったり、
    社会での生きにくさを感じたり、
    孤独感や疎外感を感じてきました。
    また、
    受診者本人のみならず家族も同様の悩みを抱えています。

    そのようなとき、
    同じ悩みもつ人やその家族の話を聞いたり
    自分の悩みに耳を傾けてくれたりする人がいることは、
    大きな支えになるものと思われます。

    そこで、
    同じ悩みを持つものとして、あるいはその家族として、
    一緒に色々話し合うことができる場があれば、
    本音で語れる場があれば、という思いから、
    呼びかけ人が集まり、この会を立ち上げました。
     
    当面の活動としては
    院内の会議室などを利用して
    私たち受診者とその家族が集まり、
    気軽に話し合える「茶話会」を開催したいと思っています。

    どうぞ一度、顔を出してみてください。


    お問い合わせ先: ougccircle☆yahoo.co.jp
       (☆を@に直してください)
           (このアドレスから返信いたしますので、
            携帯メールからのかたは、
            このアドレスからの返信が受け取れるように
            着信設定をしてください)
    2010.06.01 Tue l 会の紹介 l top
    岡山大学病院ジェンダークリニック受診者と家族の会は、
    2012年10月現在、
    1人の幹事(MTF)で会の運営を行っています。

    この幹事は、他の受診者の方とは違った、なにか特別な存在である、
    というわけでは決してありません。
    受診者と家族の会への参加者の皆さんと特に変わることのない受診者です。

    ただ、たまたま、いくつかの出会いときっかけがあったために、
    いま、会のお世話をさせていただく役回りになっているだけです。

    ですから、幹事によってこの会が作られているというわけではなく、
    会への参加者全員の力でこの会が成り立っているのです。

    みんなで、
    「岡山大学病院ジェンダークリニックの受診者と家族の会」の活動を
    育てていきましょう!

    幹事: (順不同)
     N.N. MTF
     
    スタッフのウエブサイト
        野原 ナオコ :ナオコの不定期日記
           
    会へのお問合せは、
    e-mail: ougccircle☆yahoo.co.jp (☆を@に直してください)へお願いします。
       (このアドレスから返信いたしますので、携帯メールからのかたは、
        このアドレスからの返信が受け取れるように着信設定をしてください)
    2010.06.01 Tue l 会の紹介 l top
    茶話会に当たっては、
    参加者の皆さんにいくつかのお願いをさせていただいています。

    参加された方が、ふだん思っていることや話したいことなどを、
    自由に何の気兼ねもなしに話すことができるようにするためのお願いです。

    茶話会当日にお配りしている資料に若干の補足をつけて、以下説明します。
    なお、〔  〕内はブログ掲載に当たっての補足です。


    << 茶話会参加の皆さんへのお願い >>

    茶話会では、参加者の皆さんが何の遠慮も気兼ねもなしに、
    ふだん話したいと思っていてもなかなか話せないでいるご自分のこと、
    ご自分の思いを自由に話せる場としたいと思っています。

    参加者の皆さんが安心してお話ができるために、次のことをお守りください。

    ①プライバシーの保護:この場で話されたことは外部で話してはいけません。
      参加者同士で話された個人情報やプライバシーに関する事柄については、
      本人の許可なく個人が特定されてしまう形で外部で話してはいけません。

      〔もし、後日、他のところで自分のことが話題にのぼったら・・と思うと、
       言いたいこともいえなくなりますよね。
       そのような心配なしに、話のできる場であること、
       これが一番大切なことだと考えています。
       そのためには、参加者全員がプライバシーを守ることが必要です。

       ただ、会でのことをまったく話してはいけない、というわけではありません。
       他の人の情報は決して話してはいけませんが、
       自分が思ったことや感じたことを親しい人に話すのは構わないと思います。〕

    ②批判しない・議論しない:「みんな違って、みんないい」
      茶話会では自分のことを語りましょう。
      人の話はその人のこととして認めてあげましょう。
      もし人の話を聞いていて、「何か違う」と思ったとしても、
      議論するのではなく、横においておきましょう。
      参加者相互の立場や考え方の違いを尊重し、
      批判される恐れを持たずに自由に話のできる場にしましょう。

      〔こんなことを話したら、批判されるかもしれない・・と思うと、
       言いたいこともいえなくなりますよね。
       そのような心配なしに、話のできる場であること、
       これも大切だと考えています。
       そのためには、自分とは考えの違う人の意見に対しても、
       批判しないこと、議論しないことが大切です。
       さまざまな意見・考えの人がいていいのだと、
       認めあうことのできる場になれば、と思います。〕

    ③無理はしない:言いたくないことは言わなくてもかまいません
      無理をすることはありません。
      話したくないことは話さなくてもかまいません。
      本名を知られたくなければ、呼ばれたい名前を名乗ってください。
      聞きたくない話題が出ているときには退席してもかまいません。

    ④アドバイスはしない:状況が似ていても同じ方法で解決するとは限りません
      自分と同じような状況、立場で困っている人には、
      自分のことを話してアドバイスをしたくなるものです。
      しかし、状況、立場が似ているからと言って、
      全く同じわけではないですし、
      同じ解決方法が通用するとは限りません。
      じっくり話を聞いてあげ、基本的にはアドバイスはしない、
      もし、どうしてもアドバイスをするときには、
      ごく短く簡潔に伝えましょう。
      また、ほかの参加者が体験した治療法や副作用などの話は、
      一つの例に過ぎず、だれにでも該当するわけではありません。
      人の話を鵜呑みにせず、主治医などとよく相談して、
      自分に合った治療法、解決法を決めることが大切です。

      〔人の話を聞いているうちに、「こうしたらいいのに」といった
       アドバイスをしてあげたくなるかもしれません。
       でも、ちょっと待ってください。   
       話をしている人は、アドバイスをしてほしくて話しているのでしょうか?
       「自分の話を誰かに聞いてもらいたい」と
       思っているだけなのかもしれません。
       あるいは、
       あなたがしようと思っているアドバイスを、今までに何人もの人からされてきて、
       でもうまくいかない、もうアドバイスは聞きたくはないと思っている、
       そんな状況なのかもしれません。

       まずは、
       その人の話をさえぎらず、最後までしっかり聞いてあげること、
       話したいと思っていることを十分に話させてあげること、が大切だと思います。
       そのうえで、
       アドバイスがほしいと思っているのだと思えば、
       あるいは、ぜひアドバイスをしてあげなければと思えば、
       アドバイスをしてもよいのではないかと思います。
       また、
       全体での話しの後、個人的に交流を深められた上で
       どうするのがよいのか考えられてもよいのではないかと思います。〕

    ⑤宗教の勧誘等はしない:宗教や特定の物品等の宣伝、勧誘はしないでください
      茶話会での特定の物品の広告宣伝や勧奨、販売などの活動、
      宗教団体への勧誘、各種の宗教活動、政治活動は開催目的に反するので
      一切行わないでください。

    ⑥その他の注意事項
      ・茶話会会場としてお借りしている施設のほとんどは禁煙ですし、
       そうでなくても、茶話会会場内での喫煙はご遠慮ください。
       喫煙は施設外で、あるいは、喫煙場所でお願いいたします。
      ・携帯電話は、電源をお切りいただくか、マナーモードに設定してください。
       通話をされる方は、会議室の外に出てお願いいたします。


    このお願いの作成に当たっては、
     高松里
     「セルフヘルプ・グループとサポート・グループ実施ガイド」(金剛出版)
     伊藤伸二・中田智恵美
     「知っていますか?セルフヘルプ・グループ一問一答」(解放出版社)
    などを参考にしました。
    2010.06.01 Tue l 会の紹介 l top